「見やるは、誰ぞ、」夜見オコジョのキャラクターシート

劇団21世紀枠のマーダーミステリー「見やるは、誰ぞ、」のキャラクターシートです。担当の方以外が見るとゲームができなくなっちゃうのでお気を付けください。



本編はこちら



担当の方はこのまま下までスクロールしてください!
















夜見(ヨミ) オコジョ


あなたは今回の蘇生儀式に関わるメンバーの中では最年長であるために議論を主導できる立場にある。

貴方は、投票フェイズにて「無事に鬼女から逃げるために、犠牲となる生贄」を決める投票を行う。



≪気になっている事≫

・なんとなく部屋全体が臭い。

・サシミは不安がっていた(昼食後、一度降りてサシミと話した時に感じた)


≪覚えている事≫

【14:30頃】一階へ降りて、サシミと話した。

【16:00より前】モズが降りていく音がしたしばらく前に誰かが降りていく音が聞こえた気がする。

【16:00過ぎ】所持アイテムの結界札を使って、山小屋へ簡易的な結界を張った。


≪行動方針≫

・姿を見たものを特定し、鬼女へ捧げよう。


≪秘匿情報≫

□なりかわり

貴方はオコジョではなく、悪魔召喚の儀式の際に事故で死亡した御供(ゴクウ)ヤキトリだ。

悪魔召喚の儀式は失敗する可能性が高かったため、あなたは保険として「死人がでた際は、蘇生儀式を行えばいい」とオコジョに前もって”入れ替わりの儀式”を伝えておいた。

そして、この霊山に口寄せのブゥードゥー人形を設置し、オコジョに伝えた儀式が行われた際に自分が復活できるようにしておいたのだ。


※入れ替わりの儀式

貴方は複数の儀式を組み合わせることで

①供物によって作られた仮の肉体に口寄せした自らの魂を入れる。

②儀式の最後に振り返った者の姿を奪う。

という事を達成した。


①の儀式は、真の姿(仮の肉体)を見たものを一定時間内に殺さないと、失敗となり、肉塊へと戻ってしまう制約がある。

対策として、偽の姿を得る②の儀式を行い、貴方は仮の姿を得た(この際に、本物のオコジョは絞殺している)


だが、洞窟の暗闇の中で貴方を見たのはオコジョだけではなかった。山小屋に帰ってからの会話でサシミも真の姿を見ていたことを確信した貴方は、サシミへ襲い掛かった。

サシミの首を絞めている時に、背後で物音がした。

振り返った先には誰もいなかったが、床にはサシミの私物である照魔鏡(怪異の正体を映し出す鏡)が転がっている(今後、真の姿を見られるのを避けるために、照魔鏡は自分の荷物の中に隠した)

どうやら、もう一人。殺さなければならないようだ……


≪所持アイテム≫

『結界札』

・サシミの死体を確認した時点で使用して、山小屋へ簡易的な結界を張った。

鬼女を防げるとは思えないが、霊的な存在が通過すれば、結界が破れ、分かるだろう。



≪アクションの内容≫

※あなたにはアクションはない。



≪得点計算≫

・生存する 3点

・あなたの真の姿を見たものを生贄とする 3点

・秘匿情報を隠し通す 1点

この記事へのコメント