「雪暮れに、怪異は躍る、」仁江モズのキャラクターシート

劇団21世紀枠のマーダーミステリー「雪暮れに、怪異は躍る、」のキャラクターシートです。担当の方以外が見るとゲームができなくなっちゃうのでお気を付けください。



本編はこちら



担当の方はこのまま下までスクロールしてください!
















仁江(ニエ)モズ

あなたを含めこの場にいる全員が、今回の殺人事件は物の怪、妖怪の類によるものだと考えている。投票によって危険な怪異の正体を決定し、適切な対策を練ることで無事にこの雪山から離れよう。


≪あなたの仮説≫『以津真天(いつまで)』
サシミを害した物の怪がいるとして、なぜ道中ではなく今襲われたのか? 
物の怪の襲撃の引き金になったのは蘇生儀式の失敗ではないだろうか?
だが儀式に付随する霊障である鬼女はまだ遠くにいる。ということは儀式そのものの不備に由来する霊障がサシミを襲った訳ではなさそうだ。
この状況から考えるに、今回の物の怪は”以津真天”だろう。悪魔召喚の儀式の際に、死んだまま放置されたヤキトリの怨霊が、蘇生の失敗でついに暴れ始めたのだ。


≪気になっている事≫
・昨日、この山小屋に来る途中、一行は霊力の乱れを感じ、道を外れたところに朽ちた小屋があるのを発見した。
小屋へはマトンとモズが先行して入り、そのあと入れ違う形でオコジョとサシミが中へ入った。
小屋の中には祠があり、祠の中には、縄の上におかれた小岩が安置されていた。
その場で一同は、祠の存在が蘇生儀式へ影響するかを検討した。結果、特に影響なしと判断した一同は山小屋へ向かった。

・蘇生儀式の途中、霊力が乱れるのを感じた、誰かが振り返ってしまったせいで儀式は失敗したのではないだろうか?

・祠の中にあった小岩から霊力を感じた。


≪行動方針≫
・まずは自分の仮説も含め、害をなしている怪異についてそれぞれの意見を共有し、怪異を特定しよう。その上でアクションを成功させよう。今回の事件はあまりにも証拠が不足している、巧みな話術と戦略を駆使して目的を達成しよう。


≪秘匿情報≫
□結界破壊
蘇生儀式の後、山小屋に戻ってきた時に、荷物が紙垂(シデ:結界を張るのに使う特殊な断ち方をして折った紙)にひっかかり、一部をちぎってしまった。


≪所持アイテム≫
『スマホ」
あなたはいつでもインターネットを使って、物の怪などに関する情報を検索してよい(他の2名もスマホを所持しているので、あなたと同様にいつでも、インターネットで検索できる)
※作中に出てくる物の怪の特性などはwikipediaの内容に準拠する。


≪アクションの内容≫
※あなたのアクションは投票フェイズの際に投票と合わせて対象を宣言する事で行われる。
・蘇生儀式中に振り返ったメンバーを特定する。


≪得点計算≫
・生存する 3点
・秘匿情報を隠し通す 2点
・サブ目標 アクションを成功させる 4点

この記事へのコメント